作品

ベールの向こうに

ケイトリン・RC・ブラウン&ウェイン・ギャレット(カナダ)

終了
木崎湖畔の空き家

日本には現在、800万戸以上の空き家があると言われている。そのことを知った作家が、仁科三湖のひとつ、木崎湖周辺を歩き、空き家が並ぶ街並みに衝撃を受け、地域の人口減少をテーマとする作品を制作した。空き家の建物全体をウェディングベールのように透き通った白い布で覆い、家の輪郭をやわらかくトレース。建物の質量と大きさを、ベールの向こうのひとつの彫刻のように見せた。繊細かつ大胆で審美的な作品となった。

ケイトリン・RC・ブラウン&ウェイン・ギャレット

ケイトリン・RC・ブラウン&ウェイン・ギャレット(カナダ)

[ケイトリン・RC・ブラウン] 1988 年生まれ。[ウェイン・ギャレット] 1984 年生まれ。
2010年から共同で活動するアーティストユニット。制作手法は多岐にわたり、姿かたちが変化する作品を多く展開。鑑賞者の認識や場所の社会的背景に着目し、日常に対する新たな気づきを生み出す。 

作品情報

展示年度 2017年
エリア 仁科三湖エリア