アーティストは大町の地で
何を感じ、何を思い、
どのような作品を創り出すのか

#01
ミラ・ヴァーテラ[フィンランド]
/ Milla Vaahtera [Finland]

ミラ・ヴァーテラ (Milla Vaahtera)
1981年フィンランド生まれ / 在住。アーティスト、デザイナー。力強いガラスと繊細なブラス(真鍮)を組み合わせた“Dialogue(対話)”シリーズや、モビールやスタビルに分類される彫刻で知られる。
Born in 1981, based in Finland. Artist and designer. She is known for mobiles and stabiles, and Dialogue series, which combine strong glass and fragile brass.

今回からスタートするアーティストリンク!芸術祭に参加されるアーティストに北川フラム総合ディレクターがインタビュー。初回は源流エリアに作品を展開するミラ・ヴァーテラさんにお話を聞きました。
In this ARTIST LINK, general director Fram Kitagawa interview the participating artists all around the world. For the first session, we have invited Ms. Milla Vaahtera, who will exhibit her works at Headwaters Area.

— 今日はお時間どうもありがとうございます。日本ではコロナウイルスの状況はいっとき落ち着いたものの、最近また感染者が増え始めました。海外への渡航はいまだ難しい状況です。ミラさんが来日できたらいちばん良いのですが、もしかしたら作品をお送りいただいて、リモートで指示を受けながら制作することになるかもしれません。
— Thank you very much for your time today. In japan, the Coronavirus situation has been somewhat settled down once, but the number of cases is increasing again recently. It is still difficult to travel overseas. It would be the best for us if you could come to Japan for production work, but maybe we will have to ask you to ship the works and install by ourselves, under your guidance.

どのような状況になっても設営できるように準備したいと思います。
I will make sure the works will be ready by the opening, at any cases.

Artists’ Breath @millavaahtera (2020/08/04)
延期になった芸術祭の参加アーティストが今どう過ごしているかを届けるインスタグラム企画「Artists’ Breath」へミラさんから寄せられた動画
From the following link you can see the video by the artist for Artists’ Breath, an Instagram project which conveys the current situation of the artists who intend to participate in postponed art festivals

— ミラさんは自然や森からインスピレーションを得ることが多く、その形をそのまま模倣するのではなく、抽象的なものに変えて制作しています。今回の作品についても少しお聞かせいただけますか。
— I heard you get a lot of inspirations from nature and forest, and transform the motifs you found to abstractive forms for production. Could you tell me more about your work for Omachi?

まずは北アルプス国際芸術祭に参加できること、すごくうれしく思っています。作品は屋外で風の力で動き、風によって少し音が出るようにしたいと思っています。今まで作ったことのない大きいサイズ(3メートルくらい)のピースを作ろうと思っていて、すごく楽しみにしています。作品の設置場所(国営アルプスあづみの公園大町・松川地区)もスピリチュアルで想い入れがある場所ですごく気に入っています。作品を単にデコレーションのようなきれいなものとしてではなく、人々の想像をかき立てるようなものにしたくて、作品を見にきてくれた方々が歩いて花とか植物を見て、子どもの頃に戻って森を探検しているような感じを味わってほしいと思っています。
First of all, I’m very glad to be a part of Northern Alps Art Festival this time. In my plan, the works will move and make a sound by the wind. I intend to produce a largest piece ever, like 3m in height, and I am very much looking forward to it. Regarding the location, Alps Azumino National Government Park is very spiritual I think, and it’s my favorite place in Omachi. I want to make my works to inspire people’s imagination, not merely to decorate the place. It would be amazing if visitors could feel as if they stroll in the forest as a small child, observing flowers and plants.

  • 作品イメージ / Work images

全部で大体30個くらいの作品設置を考えています。私は作品を作りながら発展させていくタイプなので、いろいろ思い付いたらもっと増えるかも……。公園の入り口と「そまびとの家」の付近に置こうと思っています。建物の中には囲炉裏があり、その回りに間近でじっくり見ることができるかなり小さいモビールを置き、ゆっくりとした時間を過ごせるように、そして対照的に屋外には大きくて風で動いたりする作品を置きたいと思っています。
I’m thinking of installing 30 pieces in total. However, I always develop my ideas during production, so if I am in a mood there would be more. At the entrance of the park and in/around Somabito house, I’m planning. Inside the house, I put small pieces of mobile centering a Japanese hearth, so that visitors could see them very closely and have a peaceful time. And outside, larger pieces that move by the wind will be installed.

  • そまびとの家 / Somabito House
  • 国営公園エントランス / Entrance of the national park

— ミラさんは普段どのようなところで暮らしていますか。またフィンランドと大町市は近い環境だと思っているのですがどうでしょうか。
— Where are you based in now? Finland and Omachi seem to have many things in common, but what do you think?

今ヘルシンキ(フィンランド)に住んでいるのですが、フィンランドの人はみんなサマーハウスのようなものを持っていて毎週末遊びに行っています。住んでいる家から50メートルくらいのところに海があり、その近くに大きな森もあるのでほとんど毎日森に行き、散歩したりマッシュルームを採ったりとそういう暮らしをしています。大町とフィンランドは自然との関わり方が似ていると思います。(フィンランドに高い山はないですけど……)人混みなどにけっこう疲れてしまうタイプなので、森などに行ったときにすごく落ち着く感じや、静かさというのが似ていて、大町に視察に行ったとき、地球の反対側まで行ったのに我が家に帰ってきたような感じがしました。
I live in Helsinki now. People in Finland have summer house and go stay there every weekend, and so do I. There is a beach at a distance of 50m from my place, and a huge forest in the neighborhood. I take a walk and pick mushrooms in the forest almost every day. I think we have similar relationship with nature, although we have no high mountains in Finland. I’m a type of person who becomes exhausted in a crowd, so in the forest I could finally breath and take back a mind of piece. When I firstly arrived in Omachi, I felt as if I came to the other side of the earth to find another home.

  • 市内視察時 / Visited in Omachi

見せたいものがあります!北アルプス国際芸術祭のために新しく作った作品で動きがすごく気に入っています。今は自分の時間をフルタイムで北アルプス国際芸術祭の作品作りにささげられるようになったので毎日作業場に行くのがすごく楽しみです。99パーセント芸術祭を楽しみにしていて、1パーセントだけお腹の赤ちゃんのことを気にしています。皆さんに会うのをすごく楽しみにしていますが、もし行くことができなければ残念ですけど作品だけ送ります。
I have something to show you! This is a test piece for Omachi. I really like how it moves. Now I can fully devote myself to the production work for the festival, and I’m so excited to go to my workshop every day. I’m filled with excitement to 99%, and only the rest 1% of cares about my baby, haha. I really hope to see all of you in Japan, but if impossible I will send my works.

— ありがとうございました。お会いするのを楽しみにしています。
— Thank you very much for the interview. I’m looking forward to seeing you in person.

源流エリア (Headwaters Area)

北アルプスの雪解け水が豊かに流れ湧水も豊富なエリアで、大町市の自然環境を体感する最も特徴的な場所です。また、戦後日本を代表する土木建造物である黒部ダムの玄関口として、多くの来訪者を歓迎しています。豊かな源流の恵みと、近代土木技術による治水 / 利水の歴史。北アルプス山麓の自然と文明が交差するゾーンです。
With abundant meltwater and spring water, this area is the most characteristic location to experience the natural environment of Omachi City. Also, it welcomes many visitors as the gateway to Kurobe Dam, which is a civil engineering structure that represents postwar Japan. With the blessings of abundant headwaters, and the history of hydraulic control and water utilization of modern civil engineering technology, this is an area where nature and civilization of the Northern Alps intersect.


国営アルプスあづみの公園 大町・松川地区
(Alps Azumino National Government Park Omachi / Matsukawa Area)

夏は川遊び、秋は渓流釣りなどの自然の中でのアクティビティが楽しめるほか、さまざまな体験ができるなど四季を通して一日中遊べるスポットです。
At this park can enjoy all day long throughout a year with various events and workshops, in addition to activities in nature, such as playing at the riverside in summer and mountain stream fishing in autumn.

バックナンバー