作品

アキノリウム in OMACHI

松本秋則(日本)

公開休止中
大町温泉郷・旧酒の博物館

北アルプスの伏流水と良質な米で地酒を造る信濃大町。昔の酒づくりに使われた大きな酒樽や道具、全国の清酒を展示していた「酒の博物館」が、作品の舞台としてリニューアルされる。
影絵や竹を素材としたサウンドオブジェを創作する作家が、信濃大町の自然をテーマに、雪の中の杉林、水が滴る池などの原風景を表現する。風の流れを捉えて動き続けるサウンドオブジェからは素朴な竹音が響き、時間とともに絶えず変化する空間によって、一期一会の世界が体験できる。

松本秋則

松本秋則(日本)

1951年埼玉生まれ / 神奈川在住。主に竹を素材としたサウンドオブジェを創作し、自動演奏によるサウンド・インスタレーションを展開。現在は音楽、美術、演劇と融合する“アキノリウム”を試みている。

作品情報

展示年度 2021年〜
エリア 源流エリア