アーティストは大町の地で
何を感じ、何を思い、
どのような作品を創り出すのか

#04
布施知子[日本]
/ FUSE Tomoko [Japan]

布施知子(FUSE Tomoko)
1951年新潟生まれ / 大町在住。折り紙作家。パーツを組み合わせてつくる「ユニット折り」の第一人者。工業製品も手掛け、著書が多言語に翻訳されるなど、国内外で活躍している。
Born in Niigata in 1951. Lives in Omachi.FUSE Tomoko is an Origami artist. She is known as a pioneer of ‘Modular Origami’, which is a paper folding technique that uses two or more sheets of paper.She also designs industrial product. As her books are available in other languages, her activities go beyond borders.

芸術祭に参加されるアーティストに北川フラム総合ディレクターがインタビューするアーティストリンク!今回は市街地エリアに作品を展開する布施知子さんにお話を聞きました。布施さんは地元大町市八坂の小さな集落に住み、世界へ日本文化を発信し続ける折り紙作家です。
In this ARTIST LINK, general director Fram Kitagawa interviews the participating artists all around the world. In this session, we have invited FUSE Tomoko, who will exhibit her works at the downtown area.

— お久しぶりです。今年の北アルプス国際芸術祭では、どのように折り紙を展示されるか教えてください。
— It’s my pleasure to see you after a while. Could you tell me how you will exhibit your Origami (paper folding) artworks at the upcoming Northern Alps Art Festival?

去年開催予定だった芸術祭はとても楽しみにしていたのですが延期になり、数少ない発表の場が一つなくなったというのはとても寂しかったです。現代美術というかそういうものの発表の場というのはものすごく少ないですね。これは誰にでも言えることだと思いますが、それなりに人が来てくださり見ていただけるということはとっても嬉しいことですね。この芸術祭は地元と結びついているので、地元の人にもぜひ喜んでいただきたいという風に思ってやっていました。私が作っているのは紙なので、わりあいとナマモノっぽいところもあって、もう1年前に作ったのでちょっといま開けるのが怖いです。状態が良いか悪いかわからないので。
I was very much looking forward to the festival, so after the postponement I was so sad to lose one of rare chances to present my works.I think it is the case for everyone, but I am incredibly happy when people can come to see my artworks.This art festival has been deeply involved with the local community, so it would be my great pleasure if local people like my works. I’m a bit worried about the condition of my work, which was produced a year ago, as paper is kind of fragile and perishable.

— 去年展示する予定で十分余裕をもって作られていたのですか。
— It seems like you completed your work well ahead of the deadline.

折り紙って簡単にパパッとできると思われているかもしれませんが、意外と折るのに時間がかかるので時間をみておかないと間に合わなくなってしまうのです。現場でパパッとやるのもあるのでしょうけど、こんな山奥で一人でせっせとやっていますので時間がかかるのです。今回は数人の方に手伝っていただきましたけど、最初は手伝うというか折りを体験していただくっていうのが強かったのかな。ただ段々みんなうまくなって、3人の方にお願いしたのですが、1人の方は結構上手に折れるようになりました。
Probably Origami work seems easy and quick, but it takes time. You won’t be able to make it on time without a lot of extra time. Some artist can complete their works quickly at the site, but it costs me a lot of time as I make them in the mountain alone.This time I had three people helped me, but at the beginning they were just practicing how to fold. They gradually learned how to fold, and one of them had made remarkable progress in the end.

— 今回の作品「大蛇(オロチ)」はどのような折り方ですか。
— Could you explain how did you make Orochi (monster serpent) this time?

私は“コイル折り”と言っていますけど、紙の筒を上からパンって潰すイメージです。提灯の長いような感じです。
This is called ‘Coil-spiral Folding’. I crash a paper cylinder from above, like a Japanese lantern.

— いくつくらいの紙の筒を用意したのですか。
— How many paper cylinders did you prepare?

数えきれないくらいです。30mロールを何本も使いました。ヤマタノオロチのような大蛇っていうのはイメージだけで、今回はなにかクネクネした生命体みたいな物、ちょっと気持ち悪いようものを作りたいなと思いました。それから、前回(2017年)の展示作品“枯山水”もそうですが、壊れやすい紙の作品の扱いは大変で、とにかく折りたたんでコンパクトにして、現場でバッと広げられるものにしたいと考えて作りました。
I don’t remember anymore.I used a plenty of 30-meter paper rolls.With an image of a big snake like Yamata No Orochi (a legendary eight-headed and eight-tailed Japanese dragon), I tried to make a creature which is a little disgusting.Just like Karesansui, my previous work for the art festival in 2017, it is hard to handle fragile papers. So, I was thinking about making a work that could be folded compactly and then be unfolded at the venue.

  • 作品イメージ / Work image
  • 北アルプス国際芸術祭2017作品 / Japan alps art festival 2017“Rock Garden Takagari by Infinite-Folding Origami

— 紙についてですが、今まで物を作るということをやられていて、どういう新しい発見があって進んできたのでしょうか。
— I would like to ask what you have discovered in your long career.

折り紙って日本人なら誰でも知っているものですね。私も誰もが折れる折り紙をずっとやってきて、だけど折り紙っていうとあまりにも一般的で、そこからアート的なものは想像しづらいと思います。私もずっと普通の折り紙の本、それを見れば誰でも一応折れるはずという本を書くことを仕事にして、そういうものをずっと作ってきましたが、60歳くらいからやっと、自分がいままでしたかった「誰でも作れない折り紙」っていうものを始めたいと思ったのです。話が逸れますけど、最近は折り紙設計というソフトがあるんですね。例えば正方形の紙で犬を、例えばティッシュペーパーで作りたいと思った時に、普通の人はここは耳、ここは尻尾、ここは足って捻ってやっていくとできそうな気がしませんか。それをパッと開くと円領域ができるんです。足は長いから円領域が広い、耳は小さいから円領域が小さい、そういう風に正方形の中に配置していくんです。その間を帯で接続するようなことを考えるんですけど、そんな風な解析的な折り紙っていうのはもう極に達してきていて、折れないものないぐらいです。そういう意味で工学系は極に達し、計算され尽くされているんですね。それとは逆に私は計算では生まれない折り紙を見つけたいと思ってやっています。
Everyone knows Origami in Japan. However, I think it is difficult for many people to relate it to artworks, since it is too common.I have been writing books about Origami for beginners, that no matter who can get started on after reading it, but since I became 60, I finally wanted to start making my unique Origami to express who I am, and nobody else could make it.And by the way, there is a design software for Origami. For example, if you want to make a dog with a square tissue paper, I assume people would think they can pull it off by twisting there to make ears, here to make tails, that part to make legs, right? And when you open it, there are circular regions.The wider circular regions would be legs, smaller part would be ears, and this is how each piece becomes situated in the square paper.Then it comes down to how to connect each part, but this kind of analytical method is hitting its limit. To the point that there is nothing that cannot be created. In contrast, I have been trying to find something that cannot be born out of calculation.

— 何度か新しい発見というのはやっているとどんどん出てくるものですか。
— Do you often find new discoveries as you fold Origami?

やっぱり毎日やり続けていれば、毎日何かあるはず何かあるはずだって。タイプが二つあって、理工学系の男子に多いんですけど計算でやる人と、手で考える人。私は手の方が動いちゃうので、手で考えるタイプでどっちかというと古いタイプに分類されるんですが、とにかく折ってみるっていうか。私の折るものは数学的に設計されたように思われていますが、折っているうちに全部見つけたものなんです。
Yes, if you keep doing it every day, there should something to be discovered. There are two types of people, those who calculate and others who think with hands. I am of the latter ones, which could be seen old-fashioned. My Origami works are often considered as designed mathematically, but actually they are discovered during the process.

— 布施さんの作品を見ていて、最初に素人なりに疑問に思ったのが、図面でいうと線で書かれているのですが、畳んでいくと厚さがどんどん出てくるじゃないですか、その厚さをどう折っていくのかに興味があるんです。
— As an amateur observing your work, one question that came up in my head is that, as it gets thicker and thicker when you fold, how you would deal with its thickness when folding further.

それも折り紙の大きな一つのテーマで、剛体折りって言って、伸び縮みしない鉄板のようなものを折るっていう工学系の方がなさっていますけど、それはまた別分野になって、折り紙っていうのは限りなく誤差を含んでいるんです。紙は伸び縮みするので、結局手心っていうのが大きいですね。例えば鶴の首を折るっていう時にも、紙の厚みで絶対折れないはずなんですけど、なんとなく折れちゃうんです。そういうところが面白いところでそれが紙の良さだと思いますね。
That is one of the biggest themes on Origami, called “Rigid Folding”. It is often examined by engineers and such to fold materials like metal boards that do not expand or contract. This is seen as a different genre, and Origami contains errors unlimitedly.Paper does expand or contract, so it all comes down to how you treat them.For example, when you fold a neck of a crane, it seems impossible at first due to thickness of paper, but you can fold it somehow. I think it is a good point of the paper.

— 手が覚えていないとなかなかできないってことですかね。
— So, your hand must remember how to do things.

折り紙って折っていると、思わぬプレゼントを向こうからしてくれるというか、それはイギリスの知り合いの方が言っていたことですが、「今日折り紙をしたあなたも、30年やっている私も一緒に折り紙を折った時、同じ質の喜びと驚きを味わえる」って。だから研鑽をつんだ者だけが到達できる世界でもないんですね。偶然に見つけちゃうこともあって、それがすごく面白いところかな。頭柔らかくしていると、例えば、鶴の形を私たちは鶴しか想像しないのですが、そこから見る角度を変えると別のものに見えてくる。折り紙を折りながら説明しますね。
One of my friends from the UK said Origami gives you a surprise present time to time.“People like you, who just experienced Origami today, and people like me, who have been doing this for 30 years, can get the same kind of joy and surprise”, she said.So this is not exactly the world where only the experts would get to experience. There also are some luck and randomness that is what fascinates me. If you think flexibly and look from different angle, a folded Origami crane might look something different, or otherwise you can only think that is a crane.Let me explain while making it.

  • Webインタビュー時 / Web talk session

フラムさんに折り紙講師をやっています(笑)鶴が違う角度で見るとゾウの顔になるんです。こういうのは大体子供が見つけるんですよ。こういうのを見せつけられるとワーと驚いてすごくみんな嬉しくなるんです。こういう思いがけない発見があるんですよ。突然できちゃう場合もあれば、積み重ねてできる場合があって面白いんですよ。
I am teaching Fram Origami! (laugh) If we see the crane from a different angle, it looks like a face of an elephant. Children always find things like this, and everyone becomes surprised and happy when this kind of thing happens.It sometimes happens suddenly, or requires years of experiences.

— 折り紙は小さい頃から慣れ親しんでずっとやられていたのですか。
— Have you been making Origami since childhood?

小学2年生の頃に大病をして半年くらい学校に行けなかった時期があって、その時に父親が折り紙の本を買ってくれまして、その本を見ながら一人で折り紙をしていてそこからがスタートで何十年も続けてやっています。
When I was in the second year of elementary school, I was badly ill and I was not able to go to school for 6 months. My father bought me an Origami book, then I started making Origami alone. Since then, it has been several decades.

— 新型コロナウイルス感染症のもたらしたパンデミックでは格別変わったことや考えたことはありましたか。
— Have you had any particular changes or thoughts during this COVID-19 pandemic?

どこにも行けないですが、折り紙は一人でやるものなので日々の暮らしは変わっていないですね。やることも変わっていないし、普通の勤労者と同じような時間帯は折り紙をやっていましたね。ただ、折り紙の仲間たちと世界中のミーティングに参加できることが喜びで、楽しみでしたが、それがすっかりなくなってしまって、世界中の仲間たちと会える機会がなくなって残念です。各国で年にいろんな大会もあったりしたのが全部なくなってしまった。私的には変わってないけど、一人でやるものでも人と会って何か分かち合うっていうのは血がめぐるので、やはり人と会うことは大切だと思いました。
While I cannot go anywhere now, it has not changed much because I always make Origami at home alone. I just make Origami when normal people would go for a work.However, it is very sad and unfortunate that I cannot participate in international meetings where you can get to see other people who enjoy Origami, which always gave me happiness. All the various Origami events in the world were cancelled. I personally have not changed much, but I felt meeting people is very important even if you make Origami alone.

Artists’ Breath @fusetomoko (2020/06/29)
延期になった芸術祭の参加アーティストが今どう過ごしているかを届けるインスタグラム企画「Artists’ Breath」へ布施さんから寄せられた動画
From the following link you can see the video by the artist for Artists’ Breath, an Instagram project which conveys the current situation of the artists who intend to participate in postponed art festivals

— 布施さんの家の周りにはどのような動物が見れたり、動物とどんな感じで関わっているのですか。
— What kind of animals do you see around your house? How do you get along with them?

人に会うことはほとんどないですね。動物の方がよっぽど会います。鹿はすごく鉢合わせします。カモシカも来ます。家の庭でダルマさんが転んだみたいに段々近づいてきて、庭の草木やネギ系のものを食べていきます。たぬきとか狐とか。このごろ猿が70頭くらいくるんです。柿の木があるのでくるんです。最初は追っていましたが、最近は眺めるのが楽しみで。猪は家の前に山葵を植えていたんですがそこを掘り返されてしまって、熊も来ました。柿の木に来ました。一晩中枝を折って食べてはお尻の下にひいて、朝起きたら熊棚ができていました。家のすぐ近くだから物音でわかるんです。熊だけは怖いんです。散歩の時は唐辛子スプレーを持っているんです。
I rarely meet people, but I meet animals. Like I meet deer very often. Antelopes show up sometime too. You also see raccoons and foxes. They approach my house slowly like a kids’ play, and eat the vegetation and green onions in my garden. I see around 70 monkeys in total coming to my house in these days. They come for persimmon trees. At first, I got them out, but recently I am just enjoying watching them.I planted wasabi in front of my house, but the wild boar came and dug them up. A bear also came for the persimmon trees. He broke the branches all night, ate them, pulled them under his butt, and when I woke up, I found out that he build his nest. Only bears are scary. I bring red-pepper spray with me when I take a walk.

— なぜ大町市八坂に移住されたのですか。
— Why did you move to Yasaka, Omachi?

最初は戸隠や埼玉に行ったり、いろいろ探しました。八坂は一番自然が乱暴だったんですよね(笑)一番荒れ果てていたというか。草木の茂り方と光が素晴らしかったんですね。それにドキッとしてしまって選びました。
At first, I looked for a place in other areas like Togakushi and Saitama, but Yasaka has the wildest or the most desolate nature (laugh). I got caught up by the way the vegetation grows, and the wonderful light.

— 紙っていうのはいろんな言い方できるけど、光と陰っていう感じがすごくするので光っていうのは大きいかもですね。今日はありがとうございました。
— There are various ways to describe paper, but I associate it with lights and shades. So, lights may have been an important element.Thank you very much for your time today.

市街地エリア (Downtown Area)

かつて塩の道千国街道の宿場町として栄えたことで有名です。古い水路が多く残っており、趣深い町屋作りの家々の床下を流れる風景など、随所に小さな発見や驚きが潜んでいます。そんな街並みのなかに融合する現代アートを巡って、地図を片手にゆったりと歩けば、ふたつの時代を行き来するような独特の雰囲気を味わうことができるエリアです。
This area used to flourish as a post town on Chikuni Kaido, the Salt Road. There remain old water channels running below charming traditional townhouses, and the area is full of nostalgy and surprises. You can enjoy time-travelling between nostalgy and newness, through visiting contemporary artworks in the town, with a map in hand.


旧大町北高等学校 (Former OMACHI KITA High School)

旧大町北高等学校(Former OMACHI KITA High School) 明治45年に高等女子学校として開校して以来、多くの学生を輩出し、伝統行事でもある全校を挙げてのアジア・アフリカ難民支援運動など社会奉仕活動を続けてきた同校は、平成28年3月に103年もの長い歴史に幕を下ろし閉校しました。2021年、廃校となった一部の校舎が注目のアートサイトとしてよみがえります。
Ever since its foundation in 1912 as women’s high school, it had sent off numbers of students and dedicated to social service represented by Asian and African refugees support campaign. The school ended the long history of 103 years, in March 2016. In 2021, a part of this high school will come back again as a site for artistic activities.

バックナンバー