アーティストは大町の地で
何を感じ、何を思い、
どのような作品を創り出すのか

#02
ポウラ・ニチョ・クメズ[グアテマラ]
/ Paula Nicho Cúmez [Guatemala]

ポウラ・ニチョ・クメズ (Paula Nicho Cúmez)
1955年グアテマラ生まれ / 在住。マヤアーティスト。作家の世界観を色濃く映し出した作品からは、マヤ文化固有の宇宙に関する考え方との関係性、多様な文化に対するメッセージを受け取ることができる。
Born in 1955 in Guatemala, live in Guatemala. Mayan artist. A set of her works, which intensely reflected her view of the world, show Mayan ideas about the universe and deliver a message towards cultural diversity.

芸術祭に参加されるアーティストに北川フラム総合ディレクターがインタビューするアーティストリンク!今回は市街地エリアに作品を展開するポウラ・ニチョ・クメズさんにお話を聞きました。
In this ARTIST LINK, general director Fram Kitagawa interview the participating artists all around the world. In this session, we have invited Ms. Paula Nicho Cúmez, who will exhibit her works at Downtown Area.

— 今日はどうもお時間ありがとうございます。日本は今10時ですがグアテマラは何時ですか。
— Thank you very much for your time today. It’s 10am in Japan now, but what time do you have in Guatemala?

今、グアテマラは19時(前日)で、もう寝ようかと思っていたところです。グアテマラは日本からとても遠い所ですが、テクノロジーを介してお話できることを大変嬉しく思っています。
It’s 7pm here now (one day behind Japan), and almost time to go to bed for me. I am very happy for this online interview today, although we are far apart each other, in Japan and Guatemala.

— グアテマラではコロナウイルスの状況の中、どのような生活をしているのかお聞かせ下さい。
— Please tell me how do you do in Guatemala under this situation.

グアテマラでは、毎日感染者が増えていてすごく心配しています。私たちにできることは、ソーシャルディスタンスを守り、手洗いやマスクをつけることなど、日頃から自分たちにできることをするしかありません。いつの日かパンデミックがなくなることを心から願っています。
I’m very worried that the number of case is increasing every day. What we can do is usual things such as distancing, washing hands or wearing masks. I hope the pandemic will go away someday, from the bottom of my heart.

Artists’ Breath @paulanicho (2020/06/15)
延期になった芸術祭の参加アーティストが今どう過ごしているかを届けるインスタグラム企画「Artists’ Breath」へポウラさんから寄せられた動画
From the following link you can see the video by the artist for Artists’ Breath, an Instagram project which conveys the current situation of the artists who intend to participate in postponed art festivals

— ポウラさんは、毎日どのような生活をされていますか。
— How is your everyday life?

コロナ禍以前から毎日絵を描いていました。今はパンデミックの状況下で外に出かけることができず、また、人と会うことができないので、料理などの家事以外の時間は、ずっとアートの活動をしています。
I was drawing everyday even before this situation started. However, under this pandemic, I have kept working except when cooking or doing household, as I cannot see someone.

— ポウラさんの作品にはマヤの文化、民族や土地に対するとても深い愛着があるように感じられますが、ご自身の絵について思いをお聞かせください。
— I would like to hear about your paintings as well, as I see your deep attachment to Mayan culture, people and land from your works.

グアテマラにはたくさんの絵を描くアーティストがいますが、その中でも私はわりとモダンなペインティングだと思っています。自然や女性に作品のインスピレーションを受けて絵をかいています。私の一番のモチーフは、自分が見た夢を作品にすることが多いです。
There are many painters in Guatemala, but among them I see myself as a modern painter. I’ve got a lot of inspirations from nature and women’s life. In most cases, the dreams I had while asleep is the greatest motif of all.

  • 過去作品 / previous work

— ポウラさんは昨年1月に大町に視察に来られて、既に作品(絵)を書き始めているのを写真で拝見しました。今回、旧大町北高等学校に展示する作品(絵)ついて少しお聞かせいただけますか。
— You had come to Omachi for site-inspection last January, and I saw you already started production. Could you tell us a bit about your painting, which will be exhibited at former Omachi Kita High School.

大町に視察に行く前はすでに持っている作品(絵)をメインに展示しようと思っていたのですが、実際大町に行ってみて、これまでの自分の人生で見たことがない雪や寒さを体感して、まるで別世界に行ったような感覚になり、自然の豊かさや厳しさにすごく驚きました。また、大町には各地区に神社があって、地域の暮らしに根付いていることを強く感じました。というのもグアテマラには宗派がたくさんあってお互いに争ったりしているので……。ただ、何よりもすべてを包含している自然に圧倒されました。今は大町に行った経験をもとに作品を制作して展示する予定です。
I intended to show my existing paintings before visiting Omachi. However, when I experienced snow and coldness there, which was the first time in my life, I felt as if I had come to another planet.I was very surprised by the abundance and harshness of nature in Omachi.Another thing that remained in my mind is that they had a shrine in each area and it was a part of their everyday life. From my point of view, in Guatemala there are too many religious groups and they seem to fight each other… That’s why magnificent nature in Omachi, which enfold everything, overwhelmed me. Now I intend to make a set of new paintings based on my experience there, for the exhibition.

  • 市内視察時 / Visited in Omachi

— 日本でも宗派の争いはいろいろあります。大きな目で見るといろいろごちゃごちゃ原生的に争っているだけで、日本には、仏教や神社、神道というものがあります。基本的に自然とか、その向こうにある世界とか、そういったことに対する信仰は極めて強い。それはかなりみんな共通の特色だと思っていて、ポウラさんが持っている感覚はすごく理解できるように思います。ポウラさんが大町をどう感じられて作品を作ってくださるかものすごく楽しみにしています。
— Of course, there are small conflicts between denominations here as well. However, from a wider perspective, in Japan we share these strong notions such as Buddhism or Shintoism. I could say that worship towards nature or another world is what we have in common, as a basis.Therefore, I think I can well understand what you have mentioned as for the nature in Omachi. I am very much looking forward to seeing how you saw Omachi, through your works.

大町を訪れた時のたくさんのことを考え、たくさんのインスピレーションを受けたので、それをパノラマのように見せるようなペインティングをしています。そこで見た山々や植物、動物などの自然を絵に取り込みたいと考えています。大町の自然でよく覚えているのは、木々に葉がついていなかったことです。なぜ木々に葉が無いのか尋ねたところ、冬と雪ですべて散ってしまうということで、非常に驚きました。例えば、グアテマラにいない動物をたくさん見たので、それを絵の中で表現し、山をメインのモチーフに描いて、山に落ちる影というか、人々や家の影みたいなことを描きたいと思っています。
As I got a lot inspirations and reflected a lot in Omachi, I would like to show what I saw, such as mountains, plants and animals, in a panoramic painting.I remember well that there are no leaves on the trees in Omachi. I was very surprised to hear they shed all of their leaves in winter.For instance, I saw many kinds of animals which do not exist in Guatemala, so that I intend to draw them besides mountains, and add some shadows of people and houses on them.

  • 作品イメージ / Work image

— 状況次第ではポウラさんが来日できるかわかりませんが、作品をお待ちしていますし、来てくだされば本当に嬉しいですね。
— We still don’t know if you can come to Japan but we are very much looking forward to receiving your works. Of course, I would be very happy if I can see you at the site.

この度はお誘いいただいて誠にありがとうございました。今制作中のペインティングもすごく気にいると思うので楽しみにしていてください。大町に行った時に撮った写真や映像がたくさんあるので、それを観ながら毎日インスピレーションを受けたことを思い出してペインティングをしています。これはお願いですが、大町の動物の写真や小さい家の写真を送っていただければ、今作っているペインティングの中に追加したいと思っています。よろしくお願いします。
Thank you very much for this opportunity today. I can’t wait to show my paintings to you. The photos and videos from my site-visit in Omachi gives me a lot of inspirations every day, while painting.I have a small favor to ask you. If you send me some pictures of animals and small houses in Omachi, it would be very helpful for painting.

  • 自宅での作業風景 / Production scene
  • Webインタビュー / Web talk session

— ありがとうございました。お元気で。またお会いしましょう。
— I see. Thank you very much for today. Please stay fine and see you.

全力で作品の制作をしているので楽しみにしていてください。
I’m working as hard as I can. I’m very much looking forward to showing my works.

市街地エリア (Downtown Area)

かつて塩の道千国街道の宿場町として栄えたことで有名です。古い水路が多く残っており、趣深い町屋作りの家々の床下を流れる風景など、随所に小さな発見や驚きが潜んでいます。そんな街並みのなかに融合する現代アートを巡って、地図を片手にゆったりと歩けば、ふたつの時代を行き来するような独特の雰囲気を味わうことができるエリアです。
This area used to flourish as a post town on Chikuni Kaido, the Salt Road. There remain old water channels running below charming traditional townhouses, and the area is full of nostalgy and surprises. You can enjoy time-travelling between nostalgy and newness, through visiting contemporary artworks in the town, with a map in hand.


旧大町北高等学校 (Former OMACHI KITA High School)

旧大町北高等学校(Former OMACHI KITA High School) 明治45年に高等女子学校として開校して以来、多くの学生を輩出し、伝統行事でもある全校を挙げてのアジア・アフリカ難民支援運動など社会奉仕活動を続けてきた同校は、平成28年3月に103年もの長い歴史に幕を下ろし閉校しました。2021年、廃校となった一部の校舎が注目のアートサイトとしてよみがえります。
Ever since its foundation in 1912 as women’s high school, it had sent off numbers of students and dedicated to social service represented by Asian and African refugees support campaign. The school ended the long history of 103 years, in March 2016. In 2021, a part of this high school will come back again as a site for artistic activities.

バックナンバー