連携事業


パートナーシップ事業

芸術祭との連携イベントであるパートナーシップ事業。地元食材の活用など“食”を主体としたイベントや、美術、音楽、建築、演劇、舞踊、伝統芸能など文化芸能を主体としたイベントが会期中に行われ、芸術祭を盛り上げます。イベントカレンダーをご覧ください。


美術館等連携事業

長野県内には、美術館等の様々なアート拠点が数多くあります。以下の施設は「北アルプス国際芸術祭 2020 - 2021」と相互に連携しています。当芸術祭にお越しいただく際に、近隣の美術館等にも足を運んでみてはいかがでしょうか。作品鑑賞パスポートの提示で入館料が割引になる施設もあります(割引適用期間は2021年10月2日(土)〜11月21日(日)まで)。
※大町市から近い施設から紹介

安曇野ちひろ美術館

絵本画家いわさきちひろや世界の絵本画家の作品を展示する美術館で、子どもから大人までのんびりと過ごすことができる。周囲に広がる安曇野ちひろ公園では『窓ぎわのトットちゃん』に登場する電車の教室が再現されている。

作品鑑賞パスポート提示料金:一般800円

公式HP: https://chihiro.jp/

北アルプス展望美術館(池田町立美術館)

北アルプス連峰の広大なパノラマを正面に一望できる高台に建ち、この地に魅せられた作家たちの作品を収蔵している。常設展示のほか、年間を通じ趣向を凝らした企画展を開催。

作品鑑賞パスポート提示料金:団体割引を適用

公式HP: https://navam.jp

安曇野山岳美術館

「本格的な山岳絵画を北アルプスの麓で」という初代館長の想いで1983年に旧穂高町に開館した世界的にも珍しい山岳画専門の美術館。常設展示では日本山岳画の祖として知られる吉田博・足立源一郎はじめ山岳画家たちの油彩画、版画、デッサン等を展示。

作品鑑賞パスポート提示料金:一般・大学生500円、中高生250円

公式HP: http://azumino.mt-museum.jp/

安曇野市豊科近代美術館

日本近代彫刻家「高田博厚」の彫刻作品と、森鴎外ゆかりの画家「宮芳平」の絵画作品を中心に展示。ロマネスク様式の中世修道院を模した建物と四季咲きのバラを中心とした庭園があり、庭園は一般に無料開放。

公式HP: http://www.azumino-museum.com/

安曇野髙橋節郎記念美術館

漆の芸術家・髙橋節郎は、故郷安曇野の星空や山々、古墳などを題材に、黒と金を基調とした幻想的な作品を数多く制作し、文化勲章を受けている。敷地内には、国登録有形文化財の生家があり、庭園は四季折々の趣が楽しめる。

公式HP: http://setsuro-museum.com

田淵行男記念館

山岳写真家で昆虫の生態研究家である田淵行男が撮影した写真や、蝶の細密画などのほか、登山道具やカメラも展示。また、現在活躍中の写真家による作品展も開催。

公式HP: http://tabuchi-museum.com/

安曇野ビンサンチ美術館

信州・安曇野の森の中にあるファンタスティックな美術館が、2021年春から拡張現実AR&ガーデン美術館になりました。作品にスマホやタブレットをかざすと、ふくろうやミクロの結晶が飛び出して来ます。自然を背景に、楽しくて驚きの体験を。

公式HP: https://vinsanchi.com

白馬三枝美術館

平成5年白馬に魅せられた画家たちのあかしをテーマに開館。日本を代表する80名以上の画家の作品100点余りと皇后陛下雅子様の御祖父の作品や山下清、草間彌生、池田満寿夫の作品も展示所蔵。

作品鑑賞パスポート提示料金:100円引

公式HP: https://www.hakuba-saegusa-artmuseum.info/

まつもと市民芸術館

客席数750~1800に可変する主ホール、客席数288の小ホール、360席の実験劇場などを備えた文化施設。高度な舞台芸術に対応する機能を持つとともに、コンベンション利用など、多様な要望にも応えることができる。

公式HP: https://www.mpac.jp

長野県立美術館(旧長野県信濃美術館)

本館は、長野市の国宝善光寺に隣接する城山公園内に1966年に開館。2021年4月10日(土)、全面改築により信州の自然と調和した景観を創り出す「ランドスケープ・ミュージアム」をコンセプトに「長野県立美術館」として生まれ変わった。

作品鑑賞パスポート提示料金:100円引

公式HP: http://nagano.art.museum/

北野美術館

県内私立美術館の草分けとして開館。すでに50年以上の歴史があります。日本画・洋画・書・工芸・彫刻とコレクションの分野が多岐にわたり、重森三玲による海景を模した枯山水庭園も見どころ。

作品鑑賞パスポート提示料金:2割引

公式HP: https://kitano-museum.or.jp/

セゾン現代美術館

軽井沢の森の中アートと呼吸する / 自然と共生する美術館。国内外の現代美術によるコレクション展と同時代の作家を紹介する企画展を開催。野外彫刻と共に四季折々の草花を楽しめる。

作品鑑賞パスポート提示料金:100円引

公式HP: https://www.smma.or.jp

小さな美術館 軽井沢草花館

画家・石川功一が描き続けた軽井沢自生の草花図(水彩と油彩)を展示する個人美術館。石川功一の草花油彩画百数十点と水彩スケッチ(約900余種、3000枚)をはじめ人物・風景画を所有し、草花図を中心とした様々な企画展を開催している。

作品鑑賞パスポート提示料金:300円

公式HP: https://kusabana.net

信州高遠美術館

原田政雄氏の収集した近現代作家作品と、中村不折、池上秀畝、小坂芝田、江崎孝坪などの郷土作家、中村琢ニ、平山郁夫など郷土ゆかりの作家の作品を時機に合わせて展示。この他、特別展を随時開催。

作品鑑賞パスポート提示料金:400円

公式HP: http://www.inacity.jp/shisetsu/library_museum/takato_museum/index.html

古陶磁コレクション「了庵」

貴重な古伊万里や古陶磁が展示された個人の美術館。お土産コーナーもある他、喫茶室では挽きたてのおいしいコーヒーも楽しめる。

作品鑑賞パスポート提示料金:100円引

公式HP: http://park20.wakwak.com/~miryo/