MENU

<国際芸術祭レポート>開催エリア紹介‖ダムエリア〜山麓の大自然と建造物〜

北アルプス国際芸術祭レポーターのたつみです。
この記事では、開催エリア(展示エリア)が「どんな場所なのか?」についてをお伝えしたいと思います。
過去に私自身が撮り溜めた写真を使用しているので、エリアの細部までを紹介することはできませんが、芸術祭に足を運ばれる際のご参考にしていただければ幸いです。

北アルプス国際芸術祭のアートサイト

「北アルプス国際芸術祭2017 -信濃大町 食とアートの廻廊-」の作品展示/パフォーマンス発表場所は”アートサイト”と称されていて、そのエリアは「5つ」。

・市街地エリア
信濃大町駅から北側東西に10の作品が点在します。
豪族仁科氏が京の町を模して造った碁盤の目状の町並み/塩の道街道の宿場町の名残/黒部ダム建設時に繁栄した飲屋街。
様々な歴史の中で移り変わりがあった古き趣残るエリアです。
総合インフォメーションセンターも駅前すぐに設置されます。

・ダムエリア
大町市西側、北アルプス山麓の高瀬川渓谷流域にそびえる「大町ダム」周辺を指すエリアです。
森と川と山に囲まれ、4つの作品とパフォーマンスが予定されています。

・源流エリア
大町西側、北アルプス山麓の鹿島川流域「大町温泉郷」周辺から国営アルプスあづみの公園 大町・松川地区までを指すエリアです。
黒部ダムの入口扇沢駅へ向かう人たちが通過する場所でもあります。
9つの作品が展示される予定です。

・仁科三湖エリア
仁科三湖は北から「青木湖」「中綱湖」「木崎湖」3つの湖の総称で、今回の芸術祭では南端の木崎湖湖畔を指すエリアです。
揺れる水面と湖から隆起する山々が美しく、そして湖のすぐそこまで田んぼが広がり、「のどかな田舎」を感じることができます。
JR大糸線が湖沿いを走る姿は旅人の心を鷲掴みする風景です。
4つの作品と食と語り部が予定されています。

・東山エリア
大町市東側、旧八坂村/旧美麻村にあたり、大町市全体を見渡せる標高が高いエリアです。
展望スポット/歴史的で大きなお寺/棚田の集落/雲海スポットなど多彩なエリアです。
大町市の中で移住者が多く入る地域であり、山村留学発祥の地域であり、人々の流動が激しい田舎の山岳地域です。
7つの作品と音楽ライブパフォーマンスが予定されています。

ダムエリアについて

tatsumi_原始感覚美術祭2016-28

大町市には3つのダムが、信濃川水系高瀬川に造られています。
高瀬川は北アルプス槍ヶ岳/樅沢岳(もみさわだけ)周辺を水源とし、大町市街地に流れる一級河川です。

上流から、高瀬ダム/七倉ダム/大町ダム、と続きます。
ちなみに、黒部ダムの所在は富山県立山町で、黒部ダムの入口となっている関電トンネルが大町市の所在です。(黒部ダム建設時の資材路を大町市に造ったことから、黒部ダムは歴史的な意味も合間って大町市の観光名所として取り上げられることが多い)

自家用車でたどり着けるダムは大町ダムのみで、七倉ダム/高瀬ダムは徒歩かタクシーでないとたどり着けません。

このダムエリアの魅力は「自然そのまま」。
北アルプス山麓の森は広大で深く、水は透き通ります。
森の中には別荘地があって、森の木漏れ日や鳥たちのさえずりは大変に「癒し」を与える空間です。

それでいて、そんな大自然の中に突如として現れるコンクリートの巨大な人工物。
北アルプス山麓の自然とそびえる山々、それと、ダム。
この自然と人工物のコントラストは異質でいて、美しい。

そしてこのエリアには葛温泉という、大町温泉郷を含める大町市内全ての温泉の元湯があり、渓谷の壁のような山肌と清流が流れます。

今回の開催エリアの中心は、この葛温泉から少し下流に降った大町ダム周辺にあたります。
大町ダム/エネルギー博物館/心笑館(ここえかん)などが、このエリアの作品が設置される予定地となっています。

心笑館は温泉施設ですので、作品鑑賞と温泉を同時に楽しむこともできます。

ダムエリアの作家一覧

淺井裕介
栗田宏一
岡村桂三郎
パトリック・トゥットフォッコ

ダムエリアの立地とアクセス

このダムエリアは信濃大町駅から西側で、大町温泉郷から南側に位置します。
信濃大町駅から車で15分程度で、各展示場所には無料駐車場があります。
また、芸術祭の周遊バス「アルプバス」も停車します。

自然とダムを楽しみ散策しつつ、温泉で一休み。
淺井さん、栗田さん、岡村さん、3つの作品が比較的近いので、のんびりと散策するにはぴったりなエリアだと思います。

記事と写真
たつみかずき