MENU

<国際芸術祭レポート>開催エリア紹介‖東山エリア〜見渡すお山の稜線〜

北アルプス国際芸術祭レポーターのたつみです。
この記事では、開催エリア(展示エリア)が「どんな場所なのか?」についてをお伝えしたいと思います。
過去に私自身が撮り溜めた写真を使用しているので、エリアの細部までを紹介することはできませんが、芸術祭に足を運ばれる際のご参考にしていただければ幸いです。

北アルプス国際芸術祭のアートサイト

「北アルプス国際芸術祭2017 -信濃大町 食とアートの廻廊-」の作品展示/パフォーマンス発表場所は”アートサイト”と称されていて、そのエリアは「5つ」。

・市街地エリア
信濃大町駅から北側東西に10の作品が点在します。
豪族仁科氏が京の町を模して造った碁盤の目状の町並み/塩の道街道の宿場町の名残/黒部ダム建設時に繁栄した飲屋街。
様々な歴史の中で移り変わりがあった古き趣残るエリアです。
総合インフォメーションセンターも駅前すぐに設置されます。

・ダムエリア
大町市西側、北アルプス山麓の高瀬川渓谷流域にそびえる「大町ダム」周辺を指すエリアです。
森と川と山に囲まれ、4つの作品とパフォーマンスが予定されています。

・源流エリア
大町西側、北アルプス山麓の鹿島川流域「大町温泉郷」周辺から国営アルプスあづみの公園 大町・松川地区までを指すエリアです。
黒部ダムの入口扇沢駅へ向かう人たちが通過する場所でもあります。
9つの作品が展示される予定です。

・仁科三湖エリア
仁科三湖は北から「青木湖」「中綱湖」「木崎湖」3つの湖の総称で、今回の芸術祭では南端の木崎湖湖畔を指すエリアです。
揺れる水面と湖から隆起する山々が美しく、そして湖のすぐそこまで田んぼが広がり、「のどかな田舎」を感じることができます。
JR大糸線が湖沿いを走る姿は旅人の心を鷲掴みする風景です。
4つの作品と食と語り部が予定されています。

・東山エリア
大町市東側、旧八坂村/旧美麻村にあたり、大町市全体を見渡せる標高が高いエリアです。
展望スポット/歴史的で大きなお寺/棚田の集落/雲海スポットなど多彩なエリアです。
大町市の中で移住者が多く入る地域であり、山村留学発祥の地域であり、人々の流動が激しい田舎の山岳地域です。
7つの作品と音楽ライブパフォーマンスが予定されています。

東山エリアについて

tatsumi_大町棚田-3

「東山」とは、大町市から見て東側の山、という直接的な理由で呼称されている地域です。
京都の東山というと、清水寺をはじめ多くの神社仏閣/名所が連なる京都市街地から東側の高台となる、南は五条〜北は三条間の地域を指します。

大町市の東山は、大町市街地から東側を見上げた山々のことを指しますが、この地域も高台(京都に比べると高すぎるけど)で、大町市の中心部を見下ろすことができ、かつ南北に道が通っています。
碁盤の目状に町を造り、東西北を山に囲まれた大町に、憧れの「京」を仁科氏は感じたのかもしれないですね。

この東山エリアは、今回の芸術祭で最も「多彩」なエリアだと私は感じています。
大町市を一望できる鷹狩山展望台/廃仏毀釈に抵抗し廃寺を逃れた霊松寺/一面が菜の花で黄色の絨毯になる高原/棚田の集落/早朝には雲海が広がる八坂の高台。

tatsumi_大町_美麻珈琲-2

このエリアはどこもかしこも「自然」で「田舎」な、高原と山岳地帯です。
大町の蕎麦処が集まる美麻新行も東山エリアです。

このエリアは1960年代までは「八坂村」「美麻村」で、合併し現在の大町市と成りました。
その為、歴史文化も大町の町中とは異なります。
大町の中でも特に標高が高い地域である為、昔は米作りが難しい土地でした。
その為、蕎麦と麻の生産が盛んで、これらは日本海側との交易にとても重要な産物であったとされています。

作品も、景観も、歴史も、食も、どれを取っても素晴らしいと思います。
車/乗合タクシーでないと行くことのできないエリアですが、是非足を伸ばしていただきたいエリアです。

東山エリアの作家一覧

青島左門
高橋貞夫

布施知子
リー・クーチェ
ニコライ・ポリススキー
フェリチェ・ヴァリーニ

東山エリアの立地とアクセス

この東山エリアは信濃大町駅から東側で、車で15分程の山を登った南北のエリアです。
自家用車、または乗合の「東山タクシー」でお出かけください。
各作品の展示場所に無料駐車場もございます。

◯東山タクシーについて
東山タクシーは信濃大町駅前より発着する乗合タクシーです。
信濃大町駅から順に各展示場所を周ります。
※芸術祭周遊バス「アルプバス」は東山エリアには以外のエリアを周ります
※乗合タクシーの運賃は現在検討中です

東山エリアにお越しの際は、是非大町名物の蕎麦とおやきを楽しんでいただければ思います。
ドライブ気分で山岳/高原地帯の爽やかさを満喫してください!

記事と写真
たつみかずき