MENU

<国際芸術祭レポート>開催100日前セレモニーの式典が執り行われました。パスポート先行販売も開始!!

取材日2月24日は、北アルプス国際芸術祭2017の開催100日前でした。
この日から、各種プレイガイド/コンビニエンスストアでパスポート引換券の発売が開始となりました。

こんにちは。
北アルプス国際芸術祭レポーターのたつみです。

tatsumi_芸術祭取材_100日前-13

朝から大町市役所に集まった、広報誘客部会(民間を中心とした芸術祭実行委員会の部会)の方々を前に、市長が100日前の挨拶を行いました。
この日から始まること、芸術祭のデザインを手がけるデザイナーのことなど、いよいよ芸術祭の開催に向けて!の挨拶が行われました。

◯100日前(取材日)から開始されたこと
・各プレイガイド/コンビニなどでのパスポート引換券の発売開始
・懸垂幕の市内商業施設での設置

◯パスポート(チケット)について

tatsumi_芸術祭取材_100日前-4

本日発表されたパスポートはこちら。
こちらが芸術祭を鑑賞する為に必要なチケットです。

このパスポートのモチーフデザインは、芸術祭の「水」「木」「土」「空」を表しています。
デザイナーはファッションブランド「ミナ ペルホネン」の【皆川明】氏が手掛けており、シンプルでありながら、女性の感性に響くポップさが印象的だと感じます。

パスポートは開催日前日の6月3日まで前売りを行なっております。(前売料金の方が500円安い!)
販売は各種プレイガイド/市内コンビニエンスストアでできます。
パスポートの詳細>>こちら

◯100日前セレモニーの様子

tatsumi_芸術祭取材_100日前-15

「いよいよ今日、2月24日は6月4日の開会ちょうど100日前の、大きな大きな節目になります。(広報誘客)部会の皆様方に取り組んでいただいてきた具体的な検討内容が、いよいよ外に向けてスタートすることになります。」

実行委員長である牛越大町市長がそのように挨拶をされました。
市内の観光関係者が中心になって組織された広報誘客部会の方々が一堂に会し、セレモニーが行われました。

挨拶の後、部会長の遠藤高弘さんに、実行委員長より懸垂幕が手渡されました。
セレモニーの後は、この懸垂幕が市内の商業施設にて設置されます。
引き続き、広報誘客部会も芸術祭の周知に寄与されるとのことです。

先日から市内ではバナーやポスターが掲示されていますが、懸垂幕の設置/パスポートの販売を行う市内コンビニエンスストアにおいて、より芸術祭の周知が強まります。
開催に向けて、大町市全体が盛り上がっていきそうです!

この記事の続き>>100日前セレモニーの後の懸垂幕設置作業風景

記事と写真
たつみかずき