MENU

<国際芸術祭レポート>おもてなし小皿がどんどん焼きあがっています!窯出し風景に立ち会いました。

tatsumi_芸術祭ブログ_陶芸の家-16

当HPにて度々ブログで取り上げられている「おもてなし小皿」
前回私も、仁科台中学校でおもてなし小皿の絵付け作業風景の取材をさせていただきました。
そして、今回は実際に、その絵付けされた小皿が焼きあがり、どんどん【完成!!】していく場面に立ち会わせていただきました!!

◯「おもてなし小皿」について
こんにちは。
北アルプス国際芸術祭レポーターのたつみです。

度々ブログで取り上げられておりますが、「おもてなし小皿」ってなに?
をご存じない方もおられると思いますので、本文に進む前に少々解説を。

kozara

「おもてなし小皿プロジェクト」とは
食を介した“おもてなし”として、芸術祭開催期間中、市内飲食店において料理を提供する際に、サイドメニューなどの料理の皿として、地域の陶芸愛好者(大町市陶芸の家、八坂陶芸クラブ、長門教室)と市内小中学生らが制作したオリジナル の小皿を使用いただき、飲食店(地域)とお客様(来訪者)との会話及び交流のきっかけとなることを目的としたプロジェクトです。

◯おもてなし小皿プロジェクトに関するこれまでの記事とこれまでのこと
おもてなし小皿プロジェクト「絵付け体験」8/6開催
おもてなし小皿プロジェクト①
おもてなし小皿プロジェクト②
おもてなし小皿プロジェクト③
おもてなし小皿プロジェクト④
<国際芸術祭レポート>仁科台中学校の絵皿作成風景を見学してきました
おもてなし小皿プロジェクト 本焼き直前です
【おもてなし小皿プロジェクト】小皿本焼きが始まりました
【おもてなし小皿プロジェクト】小皿本焼き作業の様子

2016年8月〜
始動したプロジェクトは、大町市陶芸の家/八坂陶芸クラブ/長門教室さんの全面的なご協力を賜り、約2000枚の素焼き皿(無地のお皿)を制作いただきました。

〜12月
その素焼き皿を大町市内の小中学校(東小/西小/北小/南小/八坂小/八坂中/美麻小中/一中/仁科台中)の全校生徒に絵付けをしてもらいました。

12月〜2017年2月現在
絵付けされたお皿達は本焼き(釉薬をつけて再度焼く)の為に再度窯に戻り、本焼きを行いました。
完成したお皿達は役所に納品され、役所ではお皿一つ一つを写真に納めております。(現在進行中)

芸術祭に訪れる方々が、アート以外でも大町を愉しめるよう、たくさんの方々にご協力をいただいている次第です!

◯窯出し風景に立ち会いました
tatsumi_芸術祭ブログ_陶芸の家-6

「窯出し、始めるよ。」
誰かがそのように声をかけると、それまで各々作業していた大町市陶芸の家の皆さんはテキパキと動き始めました。

この写真は、本焼きが完了し1週間冷まされたお皿達です。
>>【おもてなし小皿プロジェクト】小皿本焼き作業の様子

文中に記載されている「どんなふうに仕上がるのか、楽しみですね!」が、完成した状態のものです!

tatsumi_芸術祭ブログ_陶芸の家-11

絵付けされたお皿達は、釉薬(ゆうやく/陶磁器などを製作する際、粘土等を成形した器の表面にかける薬品)に付けられて、12時間焼かれます。

今回使用された釉薬は、石灰透明という薬品で、塗られた時は白く不透明ですが焼きあがると、このようにつるっと透明なガラスになるのだそうです。

tatsumi_芸術祭ブログ_陶芸の家-10

焼きあがったお皿をこのように回収していきます。

tatsumi_芸術祭ブログ_陶芸の家-1
tatsumi_芸術祭ブログ_陶芸の家-2

回収されたお皿達を台に乗せ、このように底面をヤスリで研磨していきます。
釉薬の凹凸が底面にできてしまうので、それを削ります。

研磨が完了したお皿達は傷つかないように梱包されていきます。
これでお皿は完成!!!

お皿ができるまでの工程>>
粘土でお皿を形成(白/赤/まざりの3種類の色を作る)→素焼き→絵つけ(市内小中学生が実施)→撥水剤を塗る→釉薬を付ける(ドブ浸け/バケツに溜めた釉薬に皿を入れて付着させる)→皿底の研磨→窯詰め→本焼き→窯出し→皿底の研磨→梱包→納品

工程はこのようになっています。
すごく手間のかかる作業なんですね!

このお皿達は、芸術祭開催期間中、市内の各飲食店で実際に使用されます。
お皿は一つ一つが手作りで、一つ一つに絵が手描きされています。

tatsumi_芸術祭ブログ_陶芸の家-21

お皿の裏には、お皿が焼かれた窯を記す窯印と、絵付けをした生徒の名前のアルファベットが書かれています。
誰かが、誰かの手で作れたお皿を使う日が来るのだと想像すると、なんだかとってもワクワクしてしまいますね!!
私も、これらのお皿を手にしてみたいなぁと思うのです。

tatsumi_芸術祭ブログ_陶芸の家-41

取材を終えて外に出ると、もう春のような陽気で真っ青な空と、真っ白な北アルプスがそこには堂々と。
この町では、なんてことのない道端の風景。

私たちが日々を営むこの日常が、きっとここにこれから訪れる方々にとっては非日常の光景なんだと感じます。

この堂々としたアルプスと、人の手で作られた小皿と共に、この地でお逢いできる日を楽しみにしております!!

記事&写真
たつみかずき