MENU

<国際芸術祭レポート>
仁科台中学校の絵皿作成風景を見学してきました

こんにちは!初めまして!!
北アルプス国際芸術祭レポーターのたつみです。

今記事より、北アルプス国際芸術祭に絡めた大町市の出来事や、作家さんのレポート、スタッフの動きや地域のあれこれをレポートしていきます。

さて、私が初めて取材をさせていただいたのは、今年の夏から始動しております【おもてなし小皿プロジェクト】の絵付け作業風景です。

◯おもてなし小皿プロジェクト
「おもてなし小皿プロジェクト」とは、食を介した“おもてなし”として、芸術祭開催期間中、市内飲食店におい て料理を提供する際に、サイドメニューなどの料理の皿として、地域の陶芸愛好者(大町市陶芸の家、八坂陶芸クラブ、長門教室)と市内小中学生らが制作したオリジナル の小皿を使用いただき、飲食店(地域)とお客様(来訪者)との会話及び交流のきっかけとなることを目的としたプロジェクトです。

◯おもてなし小皿プロジェクトに関するこれまでの記事
おもてなし小皿プロジェクト「絵付け体験」8/6開催
おもてなし小皿プロジェクト①
おもてなし小皿プロジェクト②
おもてなし小皿プロジェクト③
おもてなし小皿プロジェクト④
陶芸皿の制作風景

◯仁科台中学校の絵皿作成風景
今回のおもてなし小皿プロジェクトは、大町市内の小中学校(小学校6校/中学校4校)の全生徒が「絵付け」で関わります。
その様子を見学するため、私は仁科台中学校に向かいました。

tatsumi_%e8%8a%b8%e8%a1%93%e7%a5%ad%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0_%e3%81%8a%e3%82%82%e3%81%a6%e3%81%aa%e3%81%97%e5%b0%8f%e7%9a%bf%e4%bb%81%e4%b8%ad-11 tatsumi_%e8%8a%b8%e8%a1%93%e7%a5%ad%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0_%e3%81%8a%e3%82%82%e3%81%a6%e3%81%aa%e3%81%97%e5%b0%8f%e7%9a%bf%e4%bb%81%e4%b8%ad-10

仁科台中学校は大町市役所のすぐ近くにある、オレンジ色のレンガ調の建物です。
校舎の裏手には北アルプスがそびえています。
(私は関西の出身なので、こんな景色が広がる学校生活は羨ましい!と感じます。)

tatsumi_%e8%8a%b8%e8%a1%93%e7%a5%ad%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0_%e3%81%8a%e3%82%82%e3%81%a6%e3%81%aa%e3%81%97%e5%b0%8f%e7%9a%bf%e4%bb%81%e4%b8%ad-12
tatsumi_%e8%8a%b8%e8%a1%93%e7%a5%ad%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0_%e3%81%8a%e3%82%82%e3%81%a6%e3%81%aa%e3%81%97%e5%b0%8f%e7%9a%bf%e4%bb%81%e4%b8%ad-2

国際芸術祭の運営を協力している「地域おこし協力隊」のメンバーが生徒の皆さんに小皿の絵付けの手順を説明します。
まずは紙でお皿に描く絵をデザインし、大町の【陶芸の家】さんで一つ一つ丁寧に焼かれたお皿に下書きをします。

tatsumi_%e8%8a%b8%e8%a1%93%e7%a5%ad%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0_%e3%81%8a%e3%82%82%e3%81%a6%e3%81%aa%e3%81%97%e5%b0%8f%e7%9a%bf%e4%bb%81%e4%b8%ad-6

生徒さん一人一人、個性豊かな絵を描いていました。
大町市のゆるキャラのおおまぴょんや、和柄の模様、食べ物に、山菜などなど。
大町の特色を感じるものを中心に、たくさんの絵がお皿に描かれていきました。

tatsumi_%e8%8a%b8%e8%a1%93%e7%a5%ad%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0_%e3%81%8a%e3%82%82%e3%81%a6%e3%81%aa%e3%81%97%e5%b0%8f%e7%9a%bf%e4%bb%81%e4%b8%ad-9

どの教室も生徒さんたちの笑い声が廊下に響いておりました。
カメラを向けるとすかさずポーズをとってくれる陽気な生徒がたくさんいる、元気溢れる校内です。

tatsumi_%e8%8a%b8%e8%a1%93%e7%a5%ad%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0_%e3%81%8a%e3%82%82%e3%81%a6%e3%81%aa%e3%81%97%e5%b0%8f%e7%9a%bf%e4%bb%81%e4%b8%ad-1
tatsumi_%e8%8a%b8%e8%a1%93%e7%a5%ad%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0_%e3%81%8a%e3%82%82%e3%81%a6%e3%81%aa%e3%81%97%e5%b0%8f%e7%9a%bf%e4%bb%81%e4%b8%ad-5

絵が描けたら次は筆で色を入れていきます。
今回使用するゆう薬はこの4色です。

tatsumi_%e8%8a%b8%e8%a1%93%e7%a5%ad%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0_%e3%81%8a%e3%82%82%e3%81%a6%e3%81%aa%e3%81%97%e5%b0%8f%e7%9a%bf%e4%bb%81%e4%b8%ad-7

各々が描き上げた個性豊かなお皿は、もう一度釜で焼かれて完成となります。
このおもてなし小皿は「出逢いのきっかけとなるお皿」。

大町のたくさんの人の手で造られるこのお皿たちは、芸術祭開催期間中に大町市内の飲食店で実際に使用され、訪れる方を料理と共にもてなすことになるのです。

これから芸術祭開催に向けて、多くの人たちが関わるこのプロジェクト。
行政だけではなく、大町市に関わる皆で創り上げる芸術祭としたいですね。

tatsumi_%e8%8a%b8%e8%a1%93%e7%a5%ad%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0_%e3%81%8a%e3%82%82%e3%81%a6%e3%81%aa%e3%81%97%e5%b0%8f%e7%9a%bf%e4%bb%81%e4%b8%ad-8

これから、様々な視点から北アルプス国際芸術祭をレポートいたします。
「WELCOME大町!!」
北アルプス山麓のこの町で、出逢えますことを楽しみにしております。

記事と写真
たつみかずき