MENU

<国際芸術祭レポート>北アルプス国際芸術祭2017‖57日間のお祭り閉幕の一日

7月30日-
夜の大町名店街は歓喜の祝杯があげられました。
6月4日より開催された北アルプス国際芸術祭2017は、57日間の全行程を終えて、無事終了となりました。

ご来場いただいた皆様
素敵な作品を制作いただいた作家の皆様
一緒になって芸術祭を運営いただいたボランティアサポーターの皆様
おもてなしの暖かなお心遣いをいただいた地域の皆様
本当にありがとうございました。

そして
企画運営に携わった実行委員/事務局/役所の皆様
本当にお疲れ様でした。

このような素敵な時間と空間に関わり
レポート記事制作及びweb制作という大役を仰せつかったこと
大変嬉しく、誇りに思います。

こんにちは。
北アルプス国際芸術祭レポーターのたつみです。

7月30日をもって、私たちが暮らす北アルプス山麓大町市を挙げて取り組まれた、大きなお祭りが幕を閉じました。

「感慨深い」
企画立ち上げ〜名称の検討などの、始まりのタイミングからこの芸術祭から携わらせていただいた私の心境を表すには、この表現が最も適している。
そんな気がしています。

また、様々な役割で携わった各々の皆様の心境を表すにも、この表現が適している。
そんな気がしています。

10時。
最終日の朝。
開催初日と同じように、私はインフォメーションセンターに顔出し、写真を撮りながらフラフラと市街地エリアを歩きました。
アーケードには青い芸術祭のフラッグ揺らめいています。


市街地の日曜日はほとんどのお店がシャッターを閉めています。
地元の時間軸で動いている町は、土日は休業日となっているのです。
その為、大町を訪れる旅行者の方は、シャッターが閉まっている町並みを歩いては残念な想いをすることが多かったのです。

この芸術祭期間中はこのようにたくさんの人たちが町を歩く為、土日にもシャッターを開けるお店がたくさんありました。
町で感じることのできる活気は、この町で暮らしている私たちにはなんだか嬉しいものでした。

12時。
大町の夏の風物詩になった、湖畔で本を愉しむフェスティバル「ALPS BOOK CAMP」が、「雲結い」の展示場所となっている木崎湖キャンプ場で開催されていました。

このイベントは毎年8月に開催されていますが、今年は芸術祭のパートナーシップとして開催していただきました。
ゆったりとした時間が流れる湖畔は、いつも以上に平和的な時間を感じました。

市街地エリア〜仁科三湖エリア〜東山エリアへと移動しながら、芸術祭最後の日を、私もゆっくりと振り返るように堪能した次第です。


気づけば時間は鑑賞終了時間の17時に迫っていました。
各エリアを移動していた私は、「はじまりの庭」のインフォメーションセンターに戻りました。

17時。
インフォメーションセンターに駆けつけた友人の携帯が知らせる時刻を写真に収めました。
実行委員メンバーは時計を見る暇もなく、18時から行われる閉幕式の準備で引き続き大忙し。

私はそんな慌ただしい中、「終わったね!」と友人と、数名の実行委員メンバーと言葉を交わしたのでした。

18時。
公民館分室で執り行われた閉幕式には、作家さんはじめ関係各位が集まりました。
実行委員長/大町市長 牛越氏 の閉幕宣言の後、芸術祭を写真で振り返りました。

19時。
レトロな雰囲気が漂う夜の大町名店街には、大勢の関係者が集まりました。
アーケードには大町の酒蔵三蔵の酒樽が持ち込まれ、鏡割りが行われました。

アーケードに響く歓喜の声と大きな拍手。
お祭りの最後は、芸術祭期間中で最もお祭りらしい賑やかな時間でした。

歓喜の祝杯は終わることなく、名店街の会が閉じられた後も町のあちこちで夜遅くまで宴は続いたのでした。

それぞれが過ごした57日間。
それぞれに生まれた出逢いと時間。

きっと、これから様々な議論が喧々諤々と起こるでしょう。
芸術祭がもたらした効果とか、今後の課題とか。

芸術祭期間中よりも、むしろ町にとっては「これから」が本番です。
盛り上がった感情の向こう側に、この町の未来がどうなっていくんだろう。

この57日間の「過去」を語り継ぐだけじゃなくて
この57日間からの「未来」を、私たちは生きていく。

だから、これから私たちは
この町のことを本気で考えていかなければならないのです。

ただ、いまのところは難しい話は置いておいて、、

本当にお疲れ様でした。
本当によくがんばったよ!!
本当によくやったよ!!

こんな素敵な時間を創り上げることができたことを。
私たちが暮らす町でこんな素敵な時間を過ごせたことを。

本当に嬉しく思います。

誰に言っていいのかわからないけど
「ありがとうございました。」

この北アルプス山麓での様々な出逢いが、未来に続けばいいな。
また来てね。
また遊んでね。

またこの場所で再会できたなら
乾杯しよう!!

長野県北アルプス山麓 大町市。
この町のこれからを、私たちは生きていく。
どうぞこれからもこの町を。

ご指導ご鞭撻ご贔屓の程
よろしくお願いいたします!!!
全ての皆様に、感謝を。

記事と写真
たつみかずき