MENU

3000メートル級の北アルプスの麓に広がる山岳都市、信濃大町。山々からの雪解け水は田畑を潤し、清冽な水と澄んだ空気は農産物を育んでいます。大町産のおいしさの秘密は、標高500~950メートル地帯に分布する耕作地にあり。高原ならではの強い光と昼夜の温度差で、甘みと旨みがギュッと濃縮されるのです。

しかし自然だけではおいしい農産物はできません。まじめな信州人がまじめに育てた地場の米、そば、野菜、フルーツ……。自然の恵みとたゆまぬ努力が揃って、初めておいしい大町産ができるのです。

ここは食材の宝庫。そしてその素材は、鮮度の良さと豊かな食文化でとびきりの味に変身します。

ぜひあなたの舌でそれを確かめてみてください。

水の生まれる大町ならではの
山、川、湖、寒冷の恵みなど四季の食材です。