MENU

s010

大町の日本酒三蔵

旨口の白馬錦、甘口の北安大國、そして辛口の金蘭黒部。それぞれの個性を磨きながら、切磋琢磨する酒蔵のプライド大町が誇る地酒三蔵を、ぜひこの地でご賞味ください。

kinrankurobe 124市野屋商店「金蘭黒部」

昭和38年の黒部ダム建設を機に、北アルプス秘境の大自然と人跡未踏の黒部峡谷に成し遂げられた大事業に因んで「金蘭黒部」と命名しました。ふくよかで香りの高い吟醸酒、、そのまま常温でお飲み下さい。よく冷やすと美味しさが一層引き立ちます。さらりとした淡麗辛口の飲み飽きしないお酒です。熱燗よりぬる燗、あるいは逆によく冷やしても美味しいお酒です。

市野屋商店ホームページ


 

hakubanishiki 124薄井商店「白馬錦」

契約栽培された酒米を用い、一歩進んだお酒造りをしています。吟醸、大吟醸は全国にファンをもつ素晴らしいお酒です。丸みのあるふくよかな米の旨み、辛口、甘口というのではなく、酒質のおだやかな旨口の酒造りを身上とし、日本酒の原点を探求しながら、普通酒にいたるまで糖類の添加を一切おこなわない丁寧な酒造りを守り続けています。

薄井商店ホームページ


 

hokuandaikoku 124北安醸造「北安大國」

大國と言えば甘口の酒。大國の酒の甘味は、米と麹により自然界の作用により与えられたものなのです。それらの風味にはいやみが無く飽きがきません。イヤな匂い、べしゃべしゃした甘ったるい味、ヘンな酸っぱさ。しっかりと造られた酒には無縁のものなのです。地元れんげ米や美山錦を使った高精白の純米酒造りでは、最高の技術を持った蔵元です。吟醸造りや純米酒は得意中の得意です。

北安醸造ホームページ

~2014信濃大町 食とアートの廻廊より~