MENU

【終了】山下洋輔スペシャルカルテット/YOSUKE YAMASHITASpecial Quartet

開催

15世紀初頭に開かれた長野県最古の曹洞宗寺院「霊松寺」の山門を舞台に山下洋輔スペシャル・カルテットのジャズライブを開催!

現在ジャズ界でカリスマ的な人気を誇る菊地成孔をメンバーに加えたカルテットが、場と対峙し、生み出す音と時間を共有でき、北アルプス国際芸術祭ならではのスペシャルプログラムです。

risyouji01

日 時

6月17日18:30~20:00(開場17:30)

会 場

霊松寺・特設野外ステージ(雨天時は本堂)

料 金

【前売券】一般:3,500円 小中高生:1,500円

【当日券】一般:4,500円(作品鑑賞パスポートをお持ちの方:4,000円)小中高生:1,500円

全席自由/先着順

チケット取り扱い

■前売券■

[インターネットで購入]パソコン/携帯電話/スマートフォンからお買い求めいただけます。イープラス〈http://eplus〉
[現地窓口で購入]信濃大町駅前インフォメーションセンター、大町市文化会館

<前売券は完売しました>

■当日券■

無料送迎バス乗車時に販売します。

※公演会場の霊松寺での販売はありません。

当日券の販売場所と時間

無料シャトルバス乗車前に販売いたします。 先着順となっておりますので、売り切れの際はご了承ください。

16時30分より各「無料シャトルバスのりば」にて発売開始いたします。

※お一人様2枚までとさせていただきます。

無料シャトルバスのりば

信濃大町駅前インフォメーションセンター

大町温泉郷インフォメーションセンター

大町市文化会館駐車場

シャトルバス発車時刻

【行き】
信濃大町駅前インフォメーションセンター前発 16:45
大町温泉郷インフォメーションセンター前発 17:00
大町市文化会館駐車場発 17:05 / 17:10 / 17:20 / 17:35 / 17:40 / 17:50 / 18:05
【帰り】
大町温泉郷~信濃大町駅行
大町市文化会館駐車場行(随時ピストン運行)
※ご注意  無料シャトルバスには、公演チケットをお持ちでないと乗車できません。
.     会場は山間部にあるため、夜は冷え込む可能性があります。
.     防寒対策は各自でお願いします。

会場までのアクセス

会場に駐車場はありません。お車で会場までお越しになることはご遠慮ください。
お車を利用される場合は大町市文化会館駐車場より無料送迎バスをご利用ください。その他、信濃大町駅、大町温泉郷からも無料送迎バスがございますのでご利用ください。

profile

yamashita10

山下洋輔/Yosuke Yamashita(piano)

1942年東京生まれ/在住。1969年、山下洋輔トリオを結成、フリー・フォームのエネルギッシュな演奏でジャズ界に大きな衝撃を与える。国内外の一流ジャズ・アーティストとはもとより、和太鼓やシンフォニー・オーケストラとの共演など活動の幅を広げる。88年、山下洋輔ニューヨーク・トリオを結成。国内のみならず世界各国で演奏活動を展開する。

yamashita11

水谷浩章 / Hiroaki Mizutani (bass)

1963年生まれ。埼玉県出身。20歳の頃より音楽活動を開始する。アコースティック・ベースを吉野弘志氏に師事。リーダー作として、『LowBlow/カフェおじさん』、『phonolite/while i’m sleeping』、『phonolite trio and ensemble/My Heart Belongs to Daddy』、『phonolite/Still Crazy』、『うずらぎぬ』、『phonolite strings』をリリース。主な参加バンドは、松風鉱一カルテット、今堀恒雄”Tipographica”、南博”Go There”、大友良英グループ、山下洋輔グループ、坂田明 Trio、芳垣安洋”Vincent Atmicus””EMERGENCY!”、津上研太”BOZO”など。現在は、自己のグループ”phonolite”(木管、金管、弦楽器を含む12人編成の変則ジャズ・オーケストラ)をはじめ、柳原陽一郎、浜田真理子、原田郁子(クラムボン)、青葉市子、柴草玲、さがゆき、高瀬”makoring”麻里子(DiVa)らとのコラボレーションなど幅広い活動を展開している。

yamashita12

高橋信之介 / Shinnosuke TAKAHASHI (drums)

1978年神奈川県生まれ。洗足学園短期大学ジャズコース在学中より演奏活動を開始。99年卒業後、山下洋輔、辛島文雄、宮之上貴昭、伊藤君子等のレギュラー・ドラマーとして活動。2002年、初リーダー作『ルミネーション』発表。同年、活動の拠点をニューヨークに移す。小曽根真 No Name Hourses、Don Friedman、Grady Tate、Eric Person、Eric Lewis、Jon Davis、John Di Martino、Marcus Printup等のレギュラー・ドラマーとして活躍する他、秋吉敏子、Lew Tabackin、Freddy Cole、PaquitoD’Rivera、David Kikoski、Ron Affif、Eddie Henderson、Houston Person、Gene Bertoncini、Warren Vache等、多数のミュージシャンと共演、レコーディングに参加。11年、山下洋輔、池田篤、中村健吾の参加を得て、アルバム『Blues 4 Us』を発表。
2016年活動の拠点を再び日本に移す。

yamashita13

菊地成孔/Naruyoshi Kikuchi(tenor sax)

1963年生まれの音楽家/文筆家/大学講師。音楽家としてはソングライティング/アレンジ/バンドリーダー/プロデュースをこなすサキソフォン奏者/シンガー/キーボーディスト/ラッパーであり、文筆家としてはエッセイストであり、音楽批評、映画批評、モード批評、格闘技批評を執筆。ラジオパースナリティやDJ、テレビ番組等々の出演も多数。2013年、個人事務所株式会社ビュロー菊地を設立。