MENU

北アルプス国際芸術祭
企画発表会 in 長野(長野会場)

2017/3/29 開催

スクリーンショット 2017-02-28 10.58.18

今年6~7月の開催に迫った「北アルプス国際芸術祭2017」。北川フラム総合ディレクターが、その全貌を発表します。

全国で開催される芸術祭のモデルとなっている「大地の芸術祭」と「瀬戸内国際芸術祭」に学び、ここ長野で何ができるのか――。

共に考え、芸術祭を盛り上げていきましょう。

また現地で活動するボランティアサポーターを募集しています。当日サポーターの活動の説明も行います。

 

3月29日(水) 午後6:30~ 長野アイビースクエアビル3F  モリヤホール

定員:100名  参加無料  /  申込不要

*定員に達した場合は立ち見となる場合がございます。

 

photo:Junya Ikeda

 北川 フラム

北アルプス国際芸術祭 総合ディレクター
1946年新潟県高田市(現上越市)生まれ。
主なプロデュースとして、現在のガウディブームの下地をつくった「アントニオ・ガウディ展」(1978-1979)、日本全国80校で開催された「子どものための版画展」(1980-1982)、全国194ヶ所38万人を動員し、アパルトヘイトに反対する動きを草の根的に展開した「アパルトヘイト否! 国際美術展」(1988-1990)は、長野県内でも開催された。地域づくりの実践として「ファーレ立川アート計画」(1994)、「大地の芸術祭越後妻有アートトリエンナーレ」(2000~)、「水都大阪」(2009)、「瀬戸内国際芸術祭」(2010~)等。 現「大地の芸術祭越後妻有アートトリエンナーレ」、「瀬戸内国際芸術祭」の総合ディレクター。

 

主催:北アルプス国際芸術祭実行委員会

お問い合わせ:北アルプス国際芸術祭実行委員会  ☎0261-23-5500

 

3月29日(水) 午後6:30~ 長野アイビースクエアビル3F  モリヤホール 長野市南千歳町1-3-7 ☎ 026-229-6035