MENU

Jimmy Liao

jpb enb twb

ジミー・リャオ Jimmy Liao


1958年 台湾生まれ/在住。台湾のベストセラー絵本作家。絵を言語にみたてた斬新な方法で、詩的で魅力あふれる作品をこれまでに40ほど発表しており、その多くがアメリカ、ヨーロッパ、日本、韓国、タイ等10以上の言語に翻訳されている。また、英語の絵本も共著していて、Joyce Dunbarとの”The Monster Who Ate darkness”やJerry Spinelliとの“I Can Be Anything!”などがある。

1998年:デビュー作 ”森の中の秘密”、”ほほえむ魚”
2011年:” Starry Starry Night” が映画化
2015年:飯山線アートプロジェクト”Kiss & Goodbye”, 大地の芸術祭2015
2016年:最新作”So Close yet So Far” リリース

 

参考作品:《Kiss&Goodbye》 大地の芸術祭2015,Photo:石塚元太良

参考作品:《Kiss&Goodbye》大地の芸術祭2015
Photo:石塚元太良