MENU

作品詳細

5 北アルプス 高瀬川庭園

高橋治希

作品詳細

『信濃大町2014―食とアートの廻廊―』でも展示した、床下を流れる水路の水音が心地よく響く市街地の家で、高橋は今回、作品をリニューアルする。

中国の隠者·宗炳の思想をもとに、伝統的日本庭園に見られる「自然環境のミニチュア化」と「山水画における三遠の法」を組み合わせ、信濃大町の山水、北アルプス、高瀬川を、流域に自生する植物をモチーフにした磁器で表現しながら、室内をひとつの庭園空間ととらえて創作する。

 


profile03

作品のある場所

Google Mapでみる