MENU

作品詳細

29 伽藍ヘの廻廊

髙橋貞夫

作品詳細

洋画家·山本鼎(かなえ)の提唱で始まった農民美術の流れを汲んだ木工芸は、長野県の伝統芸術のひとつ。

高橋は、その農民技術を新日本農民美術研究所で学んだ後、漆を施した版に木彫を組み合わせた独自の技法「彫彩」を編み出し、活動を続けている、信濃大町の作家。

素朴な木という素材の上で、岳都で生まれ育った感覚から生み出される力強い彫りの生命力と、漆の静謐さの両方が表れている高橋の「彫彩」には、独特な世界観が感じられる。

 

 

profile03

作品のある場所

Google Mapでみる