MENU

「北アルプス国際芸術祭」は
2014年の前身イベントを経て2017年に第1回が開催され、多くのお客様にご来場いただき盛況のうちに閉幕いたしました。

その後も皆さまに多大なご支持をいただき、次回開催を望む声も聞こえる中、このたび3年に1度の「トリエンナーレ形式」を目指して
継続開催が決定いたしました。

「第2回 北アルプス国際芸術祭」は、2020年初夏に開催を予定し、現在鋭意準備中です。
今後とも当ホームページを始め、Facebook、Instagramなどのチェックをよろしくお願いいたします。

また皆さまにお会いすることを楽しみにしております。

 


 

2014年

(前身イベント)信濃大町2014 −食とアートの回廊−

会期 2014年8月9日〜24日(16日間)

会場 大町市街地、大出、越荒沢ほか

主催 信濃大町 食とアートの回廊実行委員会 ※北川フラムがアドバイザーを務める

 

2017年

北アルプス国際芸術祭2017 〜信濃大町 食とアートの回廊〜

会期 2017年6月4日〜7月30日(57日間) 

会場 大町市全域(5エリアに分け設定)

主催 北アルプス国際芸術祭実行委員会

名誉実行委員長 長野県知事 阿部 守一 実行委員長 大町市長 牛越 徹

総合ディレクター 北川 フラム

公式グッズデザイン 皆川 明(ミナ ペルホネン)

展示作品数 38点

参加アーティスト 36組 / 14の国と地域

食の企画

おもてなし小皿
自慢の一品
タイアップレストラン

助成・協賛 47の団体、企業ほか大町市内事業者

来場者数(※) 54,395人

ボランティアサポーター登録人数 607人

  • 来場者数については、鑑賞パスポート、個別鑑賞券の販売実績および期間中に開催されたイベント、ワークショップの参加者の合計による。受付を設けないフリーアクセスサイトを含めた述べ人数:(推計)435,945人

 

2017年 ポスター