MENU

アート・プロジェクト募集 (受付終了しました)

公募

「北アルプス国際芸術祭2017 ~信濃大町  食とアートの廻廊~」 実施内容

受付終了しました。

概要

長野県の北西部、松本平の北に位置する大町市は、3,000m級の山々が連なる北アルプス山脈の麓に位置し、清冽な雪解け水と澄んだ空気、四季折々の景観に恵まれ、古くから塩の道千国街道の宿場町として栄えました。人口は約28,000人、北の五竜岳から南の槍ヶ岳頂上までを収める市の面積は565㎢、市街地の標高は700m余りの典型的な内陸性の気候で、北アルプスの山々を映す仁科三湖やダム湖があり、豊富な温泉にも恵まれた地域です。

地球環境が危機に直面し、現代の資本主義が様々な課題に直面している現在、グローバリゼーションの波の中で、土地固有の地域資源を明らかにし、コミュニティを再生していく革新的な創造力をもったアーティストや、様々なクリエイターによるプロジェクト提案をお待ちしています。

コンセプト

食とアート

食は土地と人間のもっとも深い関わりであり、食はその土地の力をもっともよく表す。厳しい資源環境のなかで生きる創意工夫を蓄積してきた「食」こそが、地域固有の生活芸術であると考える。
地域の文化を体感する「食」と「アート」、それを取り巻く地域のおもてなしや既存のイベントをALL大町の「祭り」として、国内外へ発信する。

水とアート

残雪の北アルプスと、豊富な雪どけ水に生命を得た植物が咲き乱れる季節。
北アルプスから流れ出る清冽な雪解け水の源流に位置し、山麓の扇状地に広がるこの地域は水が生まれる町である。アートを道しるべに、水という人間、生命の源を体感する旅を提供する。

開催日 2017年6月4日(日)~7月30日(日) 57日間
主催 北アルプス国際芸術祭実行委員会
実行委員長 牛越徹(大町市長)
総合ディレクター 北川フラム(アートディレクター)
開催目的
  • 現代アートの力を借りて大町市の魅力を国内外に発信する。
  • 観光誘客により人々の流動・交流を起し、地域を交流の場とする。
  • 市民の参加を地域づくりに取組む原動力とする。
  • 地域の消費を拡大し、地域を元気にする手がかりとする。

エリア概要

① 源流域エリア
② 仁科三湖エリア
③ 市街地エリア
④ 東山エリア
⑤ ダムエリア

エリア概要について詳しく

北アルプス国際芸術祭2017 ~信濃大町 食とアートの廻廊~ 公募要項

募集内容

北アルプス山麓(長野県大町市)の歴史、文化、自然を活かしたアート作品や、豊かな地域資源を活用した創造的なプロジェクトを募集します。
※具体的な設置、活動場所は提案されたプランに応じて事務局が調整します

北アルプス国際芸術祭について

応募資格

  • 北アルプス国際芸術祭の趣旨を理解されている方
  • 提案内容により、一定期間現地滞在し、住民を交えた企画制作等ができる方
  • 主体的に活動しながら、創造的な街づくりの一端を担える方

応募期間

2016年5月20日(金)~7月15日(金) 18:00必着

採用作品点数

5点程度(状況に応じて採用作品点数は増減します)

応募方法

出品料1プランにつき1,000円を事前にお支払いのうえ、公募要項に定める提出物を送付してください。

■提出物

①応募用紙:先頭ページに添付のこと。
⇒ 応募用紙 ダウンロード(PDF版 /Word版 )

②作品提案書:以下の内容が明記されていること。
作品タイトル、コンセプト、内容、制作方法、素材、サイズ、制作スケジュール、制作費の予定額、ドローイングや模型写真・図などを用いてわかりやすく表現したもの。
※作品コンセプト・内容説明の文章は、それぞれ日本語の場合400字程度、英語の場合A4用紙1/2枚程度に簡潔に表現すること。

③経歴書・参考作品事例 などプランの参考になる資料
※体裁:上記②~③を1冊にし、A3サイズ以内、かつ合計10枚以内でまとめホチキス止め
※ファイル、パネル不可

④出品料の領収書コピー
●海外在住の方は、WEB上のカード決済をご利用いただきます。

⑤上記①~③の電子データ
(PDF, JPEG, MS Office(Word,PowerPoint)のいずれか)を記録したCD
※提出物は返却しません。言語は日本語又は英語のみとします。



■応募プランの取扱い

提出物は返却しません。保存や廃棄に関する判断は主催者に委ねられます。

■応募に係る出品料

出品料 金額:1,000 円 (1 プランにつき)
●日本在住の方: 下記口座へお振込下さい(手数料は応募者負担)。
※振込人名と応募者名が異なる場合は、応募用紙に必ず記載下さい。
八十二銀行大町支店:普通822419 北アルプス国際芸術祭実行委員会

●海外在住の方:WEB上のカード決済をご利用いただきます。
応募申し込み後、本芸術祭の東京事務局、株式会社アートフロントギャラリーからメールにてご案内をお送りします。

■審査員

北川フラム (北アルプス国際芸術祭総合ディレクター)

■審査

1 次審査:提出物による書類審査(2016 年 8月)
2 次審査:面接審査。必要に応じて現地視察(2016年 9 月)
※1 次審査通過者には、2016 年 8 月中旬をめどに事務局より連絡します。
※審査結果に関するお問い合わせには一切応じられませんので、ご了承ください。

■審査発表

2016 年 10 月初めをめどに、北アルプス国際芸術祭HP に掲載し発表します。

採用後について

◆制作費補助

採用作品には、制作費補助として上限200万円以内が支払われます。
※最終的な制作費の金額は、見積書の提出等を経て決定します。

◆採用された作品の著作権等

・採用されたプランの著作権は応募者に帰属します。
・プランのドローイングや写真は、北アルプス国際芸術祭 のガイドブック、パンフレット、記録集をはじめとする印刷物、北アルプス国際芸術祭公式 HP、プレス告知など、実行委員会が必要と判断した広報物に無償で使用させていただきます。

質疑応答

・質疑は、FAX・郵送・e-mail のいずれかの方法で事務局まで送付ください。
・いただいた質疑を整理し、まとめて北アルプス国際芸術祭公式 HP で回答します。
・質疑提出締切: 2016 年 6 月 20 日(月)
・回答予定: 2016 年 6月末
※電話などによる個別の質問には対応しませんので、ご了承ください。
※現地見学会での配布資料・質疑応答は北アルプス国際芸術祭公式 HP で公開します。
※使用言語は、日本語、英語のみとします。

お問い合せ・提出物送付先

〒398-8601 長野県大町市大町3887 大町市役所総務部まちづくり交流課国際芸術祭推進担当
電話:0261-22-0420
FAX:0261-23-4304
E-mail: shinano-omachi@artfront.co.jp