MENU

 

あさひAIRは、長野県大町市におけるアーティストの創造的な制作活動を応援し、地域につなげることを目的とした「芸術文化発信拠点構築事業」として2015年に発足しました。

その後、2017年の第1回北アルプス国際芸術祭の開催を経て、その事業目的や意思を同じくする北アルプス国際芸術祭実行委員会が運営を引き継ぎ、大町市が推進する「芸術文化によるまちづくり」のもう1つの柱として、特に、芸術祭期間中以外の平時の拠点として活用されることを目指しています。

大町市内の団体・在住アーティスト・事業者など、とりわけ市内で醸成される芸術文化活動やプロジェクトといった、いわゆる「草の根」の芸術文化活動と連係すること、そして市外から訪れるアーティストの滞在支援や地元住民との交流支援など、地域の芸術文化や創造性を発信することの拠点として、新たな可能性を模索していきます。

 

「あさひAIR」のホームページはこちらから(外部リンク)